DIYユーザのみなさんへ

木材はどれも一緒だと思っていませんか? 自然派のあなたは、どこまでこだわりも持っていますか? 環境に何を求め、何を働きかけたいですか? 「外国産の希少価値のある高価な木材と同等の耐久性があるならば、ぜひ宮崎県産の杉材を使ってみたい……」。わたしたちはあなたの、そんなご要望にお応えします。

 

日曜大工や趣味の木材クラフトと言ったDIYでは今まで、輸入木材(2×4)を使わなければなりませんでした。DIYでも気軽に国産材を使いたい……。そんな人びとの不満や悩みを解決するべく登場したのが、ここで紹介する「弥良来杉(みらくるすぎ)」なのです。

 

個人DIYユーザ向けブランドの「弥良来杉」は宮崎県産の杉材を使用し、従来の国産材では不可能だった、ハードウッド同様の耐腐食性、レッドウッドやレッドシーダー並の加工性の良さと低価格、さらに環境にも配慮し、安全で無公害という究極の屋外専用木材です。

 

屋外専用宮崎県産杉材「弥良来杉」
屋外専用宮崎県産杉材「弥良来杉」

「弥良来杉」の概要

  • 弥良来杉は、宮崎県産杉材です。
  • 弥良来杉は、規格を2×4に揃えています。
  • 弥良来杉は屋外専用で、防腐・防蟻効果10年間の保証付きです。
  • 弥良来杉は、毒性のあるものを一切使用しない、安心・安全の木材です。
  • 弥良来杉の加工性は、従来の杉材と全く同等です。
  • 弥良来杉は、間伐材を利用した環境にも優しい木材です。

DIYユーザの悩み

これまでは、インターネットの検索エンジンを使って、「エクステリアウッド」「ガーデニングウッド」「木材の耐久性・耐用年数」を調べても、なかなか正確な成果を得ることはできなかったはずです。

 

インターネットで得られる木材の屋外使用に関する情報は、

  • メンテナンスを行わないと腐敗する。
  • 木材防腐剤の注入は危険。
  • 防腐加工材も腐ることがある。
  • 塗装だけでは、3年ほどしかもたない。
  • 腐らない合成木材は価格が高く、所詮プラスチック。
  • 杉よりも桧のほうが長持ちする。
  • イベやランガンバツーなどのハードウッドは、かなり高価格。
  • ハードウッドには釘が打ちにくく、割れやすい。
  • 外国産材のほうが耐用年数が長い。
  • 外国産材は、乱伐による環境破壊の元凶である。
  • 地球温暖化の解決には、森林が重要なポイントだ。
  • 屋外用木材は、素人には扱いにくい。
  • 2×4材は全て、外国産材だ。
  • ホワイトウッドは耐久性に欠け、弱い。
  • SPFを屋外で使用すると、すぐ腐る。
  • とにかく木材は高く、腐りやすい。
  • CCAはヒ素やクロムを含有しているので危険だ。
  • クレオソートは農薬のフェノールが入っているので危険だ。

あなたは屋外木製品に何を使いますか?

エクステリアやガーデニングで使う屋外木製品は、価格が安く腐敗しないもので、加工もメンテナンスも手軽にできる。さらに安心で安全な自然素材を……と考えていませんか?

 

それでもあなたの心配は止まらない

価格と耐久性のバランスを考えると、木材保護塗料だけで大丈夫なのか?

外国産材は環境破壊につながってるんじゃないのか?

 

あちらを立てれば、こちらが立たず?

耐久性を考えると防腐剤注入材を進められるけど、安全性はどうなんだろう?

予算を考えると、できるだけ価格の安い木材を使いたい。

耐久性のある木材は、加工するのがたいへんそうだ。

 

あなたが一生懸命調べた答えとは?

  • 国産材
  • 自然に近いもの
  • 環境に優しいもの
  • 安全でかつ耐久性にも優れたもの……

このような条件をつけはじめると……

ますます分からなくなってしまいますよね。

 

それは、これまでのエクステリア用木材やガーデニング用木材が、国産材ではなかったからなのです。もちろん、あなたにぴったりの国産材はあります。ただ、膨大な情報に埋もれてしまい、見つけることがとてもむずかしいだけなのです。

 

それは何故なのか?

その答えは日本の木材屋さんが、DIYユーザであるみなさんを取引相手にしていなかったからなのです。毎回ある程度の量を買ってくれるなじみの業者さんを重視し、「一見さんお断り」という業界の体質が根強く残っているからなのです。私たち「弥良来杉友の会」はその事実を素直に反省し、弥良来杉の普及に努めたいと考えています。